Feature 01
icon2

音叉

静けさと聖なる音の間で心身を調える

音ってなんでしょう? 日々、ご自身の周りにどんな音が満ちていますか? 日常の中で静かな時間を取れていますか?

毎日、私たちの周りにはさまざまな音が鳴り響いています。鳥のさえずり、車の騒音、ささやき声。それぞれの音は私たちの心や感情に影響を与えています。

忙しい日常の中で、私たち自身の声、真の感情や考えを聴くことは難しいもの。生きている中で、自分の本当の姿を見失ったような感覚に陥ったり、世間の常識と自分の中の違和感の狭間にいたり、他人の評価や社会のプレッシャーに振り回されることも少なくありません。

そんな時、音叉の純粋で神聖な音色が救いとなるかもしれません。その音の中で、自分の内なる声を再発見し、心を穏やかに真の自分を受け入れる時間を持ってみませんか?

転機をチャンスに変える鍵「音・響き」

人生で時々、心に霧がかかり、何をどうしたら良いのかわからなくなる瞬間があります。そうした迷いの瞬間は、一歩進むための大切な転機かもしれません。

私たちの身体や心は、時にエネルギーの流れが滞ることがあり、ある種のブロックやパターン化が起こってしまいます。このような状態を乗り越えるための鍵が、実は「音」に隠されているのです。

音音は物質を形作る、という基本的な法則によってこの世界は成り立っています。さらに、同期と共鳴という自然の法則があり、そこでは、音が同時に、物質的なもの、そして非物質的なもの双方の変化に関与する、という原理が働いています。

音は、物質やエネルギーの流れを調整する力を持っています。この音の力を利用することで、私たちの内なる障害や制限を取り除き、新しい可能性を開く手助けをしてくれます。あなたの中にあるブロック、停滞、パターンを崩し、浄化し、癒し、変容させ、既存の制限や枠組みから解放し、次のステージへの活性化を後押しします。

迷いや困難が訪れたときは、聖なる音の力の中で自分をほぐし、新しい自分への一歩を踏み出してみませんか?

あなたの人生が豊かに変化する*pukalani*のセッション

*pukalani*のセッションではあなたの魂のコラボを通じ、アマナ*ケイコの魂の豊富な経験と相まって、特別な音叉の響きとなり心と体に深く響き渡ります。この特別な響きはその瞬間だけでなく、数日から数週間、体の内外の見えないところで響きを続け、ご自身の中で起こる変容を後押ししています。自分のカラダや氣もちの変化、そして現実の現れ方を静かに観察することで、次のステップが見えてきます。

1回のセッションでどこへいっても解決しなかった問題がクリアになることも多いです。ですが定期的なセッションを重ねている方は、肉体面、そして、感情・メンタル面、そして人生全般において、どんどんと深い部分が開かれて、人生が自分の想像を超えて開花していくのを実感されています。

これまで述べ6800名以上のセッション実績のある*pukalani*のセッション、心も体も軽くなり魂が喜ぶ体験をぜひ味わってみてください。
お客様の声

ほぼひと月に1回のペースで数回受けていただいた方にご感想や経過、変化を伺いましたので一部ご紹介します。 (あくまでも個人により体験は違いますが、ご参考まで)

— Fさん 女性 40代—

音叉セッションを初めて受けたときの印象と回を重ねるごとの印象に変化はありましたか?

初めて受けた時は、音叉の粒子の細かさに驚きました。 それは、身体、心、魂に浸み込む感じです。 まるで、大きな粒子では入り込む事ができないヒビの隙間にも入り込み働きかけるようです。 2回目以降はその粒子の細かさにも慣れ、セッション後の光に満ちたような、 「充電完了」といったような前向きで、積極的な感覚を覚えました。 音叉のシャワーを浴びる事で、無意識に身体が急に動いたり、 笑い出したり、涙が出たり、声が出たり、 身体の叡智、神秘を感じました。 やはり、心と身体と魂は繋がっているのだなと実感しました。 そして、この音叉の波動を浴びる事で、目には見えない音叉の波動が 何らかの作用を身体に与えている事がよく分かりました。

音叉セッション後の好転反応と思われる症状や事象があれば挙げてください。

今まで押さえ込んでしまっていた、感情や思い、そして、 行動を表現するようになってきました。 日々の生活の中で「気付き」を得るような出来事がとても多いです。 良い意味で、開き直ったというか、開き直れたような気がします。 目の前の現実を、そのまま受け入れようという気持ちになれました。 (今までは、理想や未来に生きていたのかもしれません。) 自分の中にある認めたくない、嫌いなところを 受け入れざるを得ない状況に陥った時、 自分の未熟さを痛感しました。 そして、自分自身が思考に偏り過ぎていているような気がしました。

それらの好転反応について、どのように対処されましたか?

判断を加えず、そのあるがままの感情や思考を眺めているようにしました。 日記に書いたりして、客観性をもって受け入れるように努めました。 「落ち込んでいるな」と感じている時間も それを悪いとは思わず、 「落ち込んでもイイや」と開き直っていました。 「落ち込みと共にいる」といった感じです。

この数ヶ月にあったご自身の変化、環境の変化で特筆するもの?

今思えば、自分自身がとても自己中心的で、頭でっかちだったと思います。 自分の正しさや物の見方を、「正しい」とどこかで錯覚していたかもしれません。 それによって、自分自身や人、物事をジャッジしていたかも・・・。 今、私は正直な気持ちですが、何が正しくて、何がいけないのか、 分からなくなってしまいました。 そこにあるのはただ、「選択」だけで、 私がジャッジするものではないと・・・。 10年前、「ゼロにならないと、自分はつぶれる」。 そう感じた事があります。 この10年、私なりに学んできたつもりです。 頭で考えて、手探りで、「真実」を外の世界に捜し求めてきたようです。 しかし、その答えは私自身のハートの中にしかないのかもしれない と感じています。 焦らずに、あきらめずにハートの声に耳を澄ませ、 目の前の現実をしっかり生きようと思います。

これまでセッションの間隔はだいたい1ヶ月前後のことが多かったですがこのタイミングについてはどのように感じましたか?

隔週くらいで続けるのがベターなように感じます。

その他、この数ヶ月で気づいたこと、感じたこと等はありますか?

自分だけがヒーリングを受けていても、 身近な人にも何らかの影響があるような気がします。

この音叉のセッション、どんな人が受けるといいと思われますか?

興味がある方なら、どなたでも効果があるのではと思います。
Blog

ブログ

Related posts

関連ページ