Feature 03
icon2

潜在意識

潜在意識とのアクセスで、自分の隠れた側面を知る

私たちが普段意識できている自分とは、ほんの表層、氷山の一角。その奥には、深い叡智や記憶、そして私たちの行動や感情を操る潜在意識が広がっています。肉体に影響をし、あらゆる現実を引き寄せるプログラムを持っています。潜在意識にコンタクトし、カラダが受け取っていること、自分が心の奥底で本当に求めていたもの明らかにするセッションは、カラダの調子を取り戻したい方にも、人生の方向性を見直したい方にもおすすめです。

膨大な意識の世界にコンタクト

私たちの周りは、複雑な意識のネットワークで形成されています。この意識の世界は、時間や距離の制約を超えた領域で、私たち全員が繋がっています。

家族の意識、先祖の意識、友人や同僚の意識、さらには地域や国、そして地球や宇宙・銀河といった広大な意識との繋がりが存在しており、これらは私たちの行動や感情に大きな影響を与えています。

その中で私たち一人一人が持つ独自の個性があり、自分らしさを発揮させながら生きることに個として存在している意味があります。セッションを通じて、この膨大な意識の世界とのつながりを調え、より自分らしく、魂を輝かせるお手伝いをさせていただきます。

現象の奥に潜む潜在的なプログラムを書き替えましょう

慢性的な頭痛、肩こり、腰痛。これらは多くの方が日常的に直面する身体的な不調です。通常、私たちはマッサージやストレッチ、薬物療法などの物理的な対処法に頼りがちです。しかし、これらの方法だけでは根本的な解決にはならないことがあります。なぜなら、身体の痛みや不調は、単に物理的な問題だけでなく、私たちの心理的な状態、特に「潜在意識」に大きく影響されるからです。

人生の波は予測不可能です。時には思いもよらない出来事が起こり、私たちは「なぜこんなことに?」と自問します。*pukalani*では、これらの問いに対する答えが、しばしば私たちの潜在意識の深層に隠されていると考えます。

身体の痛みや人生の困難は、過去のトラウマやネガティブな信念、無意識のストレスなど、潜在意識に保存された情報の反映であることが多いのです。例えば、過去の事故が原因で「痛みは私の味方」という信念を無意識のうちに持ってしまうと、その信念が慢性的な身体的不調を引き起こすこともあります。また、これらの痛みは、人生の次のステージへの移行を促すサインとして現れることもあります。

*pukalani*のセッションでは、潜在意識に刻まれたこうした信念やプログラムを明らかにし、それらをポジティブなものに書き替えることを目指します。私たちの人生において展開するすべては、潜在意識に組み込まれたプログラムや信念の影響を受けています。重要なのは、いかにしてこれらのストーリーを自分の魂が望む方向に変えていくかです。

*pukalani*では、あなたが魂の輝く選択ができるようサポートします。セッションをきっかけに、心身のバランスを取り戻し、新しい自己発見の旅を始めましょう。
お客様の声

レビュー・私の悩みが解消された事

深澤広之さん 東京都50代

足の古傷が30年に渡り、私を苦しめてきました。それは、時に歩けなくなる程の痛みに襲われる恐怖そのものです。

セッション後
歩いていても両足に違和感がなく、今迄出来なかった前屈が出来るようになり、更に、足を組んで座れるようになりました。

副鼻腔炎を持ち、鼻からの呼吸が困難であり、食べ物の味がわからなくなることや、睡眠中の無呼吸症候群にも悩まされていました。

セッション後
両方の鼻の通りがよく、日常鼻詰まりに襲われる事がありません。昨日は、刺身の味香りを満喫でき、苦手だった焼酎のロックも、味わい深くいただく事が出来ました。とても嬉しかったです。

もう一つ言えば、喉に支えを感じることがあり、唾も飲み込む事が出来ない事がありましたが、今ではそれも解消されたと感じます。

自分を痛めつけ、それをバネにして生きると言う、後悔と向き合う日々。
私は人から、自信満々、順風満帆である様に見られることが多々あります。しかし、その裏側には、自信がない。自分の存在理由がわからない。いつも孤独感との闘いがありました。人の心が見えない分、数字や言葉でしか、人の心を理解できない、いや、理解しようとしなかったのです。
それは、心を無にし、感情の振り幅をなるべくゼロにするよう、努力してきた人生で、幼少期に思った、「人の気持ちがわかる大人になること」とは、程遠くとても辛かったです。

セッション後
そんな、自分の気持ちの振り幅が、大きく振れるようになり、感情が溢れて来ます。悲しい、苦しい、周りはオレの事をわかってくれない。なんで冷静だった自分がこんなにも踠き苦しむのか。自分が惨めで余計に辛くなりましたが、この感情を大切に、私はこの自分を苦しめる感情=心の正体が何なのかを、書けるだけ紙に書き出してみました。

そして、その事を信頼できる人に余すことなく伝えてみたのです。

自分ではコントロールが出来ない潜在意識を顕在化、溢れた感情を自ら受け止め、向き合ってみた事で、少し穏やかな自心を感じる事が出来ています。

自分と向き合うこと。きっと、誰もが出来ず、心の闇を見て見ぬふりをしているのだと思います。そして、まず、「自分を大切にする」と言う、原理原則から大きく脱線し、生きているのだと実感します。

私自心の大きな分岐点となった今回のセッション。心と身体、そして生活。さらに、その先にある笑顔と幸せ。すべてつながっていますね。ありがとうございました。
Related posts

関連ページ