この世への最大の貢献とは

あなたがこれをすることは誰かのためになるよ、とか、
これをしたら恩恵を受けられるよ、とか
あなたにはこんなお役目があるよ、とか
あなたは将来世の中のために貢献したいと思いませんか、とか。
そんな言葉は誘い文句。
エネルギー的世界におけるコントロールのための常套句。

お役目なんて必要ありません。
それよりも、自分がどうすることが心地よいか、
どうあることが心地よいか、
自分のカラダはどう感じているか、
それを感じてみよう。

相手の言葉に少しでも不審を感じたら、
そう感じる自分を疑わず、責めることなく、
自分の感覚を信頼しよう。

そして、少しずつ、
他からのコントロールを受けない
自由な自分を取り戻していこう。

そうやって、自由な自分でいることが
喜びというエネルギーの創造へとつながっていくのです。
この地球とともに、自らが喜びを創造する、
それが最大限、この世への貢献というものです。

20080913_458580

今日という一日

080913_rainbow_03

今日という一日は

なんとすばらしい一日だったろう

太陽が射し、
光が部屋に虹をつくる

空が青く
雲は白い

それだけで、こんなにも幸せを感じることができる

そんな自分はとっても幸せだと思う

今を生きる…