スピリチュアルとは

昨今「スピリチュアル・ブーム」と言われて久しい。
が、このブーム、何かが間違っている。

ブログなどを見ていても、
「私、スピリチュアル辞めました」とか、
「私、スピリチュアルになりました」とか
わけのわからない言葉遣いが多用されている(^_^;)

私たちは全員スピリットが肉体をまとって
地上に存在している形をとっているのであって
ある意味、「スピリチュアル」を始めなくても、辞めなくても
常にスピリチュアルな存在。

もともと、「スピリチュアル=spiritual』
とは、「spiritの」の意味だけれど
そもそも、「spirit」の語源は「spiritus」でこれは呼吸の意味。

スピリットが入って呼吸する存在、それが私たち、と言うわけだ。

ハワイの挨拶、ALOHAに見られる、アロハ・スピリットにも
同じ語源が見られる。アロハスピリットとはハワイの島々の人の
人柄として、すべてを受け入れる心と精神のこと。

alo: 「今」存在する。(スピリットが存在することを示す)
ha: 生命、呼吸、人生を生きる。源。

つまり、「自分の中にスピリット(光の魂)が存在する事を自覚して生きる、
呼吸をする(そのつながり・一体感を感じる)」ということ。

現在人はとても呼吸が浅いと言われている。
すると必要なつながりやエネルギーが充分に保てていない状態になってしまう。

私たちの周りに満ちあふれている生命エネルギーを深い呼吸を
することでしっかり取り入れ、
今を生きる、
それが本来の意味での「スピリチュアル」。

今、ここ、にこうしていられることに意識を向ける。

人間はいつから今を生きなくなってしまったんじゃ?

将来のことをプランニングするのもいいだろう。
それは、自分の力で物事を顕現していくやり方だ。

宇宙に存在するあまたのエネルギーとともに
生きていくのであれば、柔軟性が必要だ。

宇宙のエネルギーは常に変化し続けておる。
その情報は、今、このときにどんどんと降り注いでおる。

先のこと、過去のこと、に意識を向けていては
今、降り注いでいるその情報をキャッチするのは難しかろう。

流れに乗って生きていきたいのであれば
今、ここ、に意識をもっていることだ。

先のこと、わずらっても、よけいなエネルギーを使うだけである。
ましてや、この激変の世の中、
自分の思うとおりには、いくまい。

が、これからは、もっと協同で生きていく世の中になる。
みなで創りだすエネルギーの波に乗りながら
自分ひとりではなく、お互いに分かち合いながら生きていく。
そのほうが楽しいし、楽であろう。

そのためにも
今、自分のカラダの中にいて、
最新情報をキャッチし、
流れに乗って生きる。

先を思い煩う事、
未来を知りたいと思うことを
ちょっと忘れて、
今、ここ、にこうしていられることに意識を向ける。

どうじゃ、やってみんか?

—どこかのおんじぃ語る—

みんな同じものから出来ている

昔学校で習ったように、
すべての物質は、分子から出来ていること
そして、分子は原子で構成されている。

原子とは、中性子、陽子が原子核をつくり
その周りを電子が飛び回っているもの。

いくつ中性子があり、いくつ陽子があり
いくつ電子があるかの組み合わせの違いによって
原子の種類がいくつもある。

20081020_547781ガラスのコップも、
テーブルも、
コップの中に入っている水も、
酸素も、炭素も、
すべて元は同じもの。

地球を構成している大地も、
私たちの肉体も、
実は、もとは同じ要素から出来ている。

人間以外の地上のすべての存在:
鉱物、植物、昆虫、動物も、水も、空気も、
みーんな、元は同じものから出来てる、、。

ただ、組み合わせが違うだけ。

そんなことに意識を合わせていけば
すべてのものとつながっている自分に
気がついてくる。

意識ある自分はもちろん自分だけれども、
実は、みんな自分と同じ存在。

その中で日々さまざまな経験をし、
それぞれの想いを持ち、
それぞれの記憶の中へと何かを蓄積していっている。。。

それは、すべてのものの構成元である
見えない、重さのない、つぶつぶに
確実に伝わって、
また、それが、一人ひとりの存在、
ひとつひとつの存在へと還元されている。

私たち、一人ひとりの経験は、実は、
この宇宙の全存在とシェアしているのです。

you are loved

1個前に投稿した
“I love you more than you (love me)”
とちょっと似てるけど
これは、先日投稿のサンディエゴで出会ったコから
別れ際にもらった2つのフレーズのもう1つ。

“You Are Loved.”

自分は愛されているんだ、
と気づくことができることは、
やっぱり、生きていくうえで、
非常に大切な感覚。

これは、なにも、恋愛関係だけではない。

母親から、父親から、
兄弟姉妹から、親戚から、
友達から、会社の人たちから、
仲間から、地球から、
そして、宇宙から。。。

誰も愛なしではこの世に存在できていません。

愛されているからこそ、この世に存在しているのです。

たとえ、親からも、兄弟からも、友達からも
愛されていないように感じたとしても、
それでも、愛なしには、ここに存在していません。
あなた自身の魂からの愛が、
もしかしたら、一番大きいのかもしれません。
それでも、やっぱり、愛されているから
この世に存在しているのです。

I love you more than you (love me)

ふと、高校の頃好きだった歌の歌詞が浮かんで来た


I love you more than you (love me)
You love me more than I (love you)
時は代わり時代は流れても

I love you more than you (love me)
You love me more than I (love you)
この気持ちが
いつの世もsaves our soul ♪

~save our soul~ by 原田真二

ちょっと今、当時のカセットテープが手元にないので
歌詞はうろ覚えですが
私の解釈はこう:

相手が自分を想ってくれてる気持ちよりも、
きっと自分が相手を想ってる気持ちのほうが大きい、
と思える幸せ

そして、また、相手も、きっとそんな自分の気持ちよりも
はるかにずっと自分を想ってくれている、

そう思えることが、saves our soul…
つまり、この世の平和のへの鍵

永遠の名曲です!

Life is an experience. II

20081009_521757

Life is an experience, not an accomplish.

前の投稿のこの言葉についてもう一つの見方をしてみる。

これをすべきか、あれをすべきかという
正解を求めてしまう私たちの癖。
結構これがネックで前に進めなかったりすることも
多々あるのでは??

これも、全ては経験のためにある、という見方をすれば
かなり、違う視点で捉えることができる。

つまり、正解を一発で当てることや
「正しい」道を進む、ということが目的ではないので
「これをやってみたけど、ちょっと違うと思い、
次にあれをやってみた」、でも、
経験として自分のものになっている、
と捉えることができる視点。

何かを選んだから間違いではなく、
他の何かを選んだから正解、ということでもなく、
それを選んだ、という自分と、
それを選んだ結果そうなったという経験。

間違った選択も、正しい選択もなく、
単に、それを選択した、という事実と経験のみがあるわけで
どうなったとしても、間違いじゃない!と思えて
一歩前に踏み出すことができたりする。

その覚悟がだんだん出来てくると
直感で動けるようになってくるため
案外、「間違った選択」よりも、
「どんぴしゃな選択」
ができるようになっていたりする。

何を選んでも大丈夫という自己信頼が
自分で選択をする、という訓練によって
どんどん確立されてくる、とも言える。

ついつい、「正しい選択」「正しい方向」を目指して
葛藤し、なかなか前に進めない、っていうことに
気がついたら、この言葉を思い出してみよう”\(“o”)/”
そして、自分の気持ちが惹かれるものを
純粋に選択してみよう!

きっと以前よりだいぶ楽にいい選択ができている
自分に気づくはず。

Life is an experience, not an accomplish.

Life is an experience, not an accomplish.

ちょうど20年前の1988年9月、

サンディエゴで出会ったコ(日本人)に

お別れのときにもらった言葉。
::::::::::::::::::::::::
Life is an experience, not an accomplish.
人生は経験であり、何を達成したか、ではない。
::::::::::::::::::::::::
私たちは往々にして、人生、生きているのであれば
何かを成し遂げなければならないとか、
何か、ひとつ、やり遂げなければいけないとか
何か目標を達成しなければいけないとか、
いつごろまでにはこんな風になっているのが当然、とか
そんな風に思いがち。
思いがち、というよりも、そのように教育されてきているし
それが人間の歩むべき正しい道だくらいな勢いで
集合意識はセットされている。
「達成する」内容は例えば、結婚、子育てやら
社会的立場での成功やら、経済的自立~成功やら
趣味の世界での成功、人から認められることやら、
会社のノルマやら、、、etc.
なので、それができないと、自分に対して
イライラするし、自分が嫌に思えるし、
どうして、いつも、うまくいかないのか!と
自分を責めてしまったりする。
他人から非難されたりする場合もある。
もちろん、人間として今生生まれてくるにあたって
やりたかったことが確実にあったはずだけれど、
それが、必ずしも、何かを「やり遂げる」ことだとは限らない。
私は特別なものがない、
これだ!ってものがない、
打ち込めるものがない、
一つのことに集中できない、
やりかけても全部途中で放りなげてしまう、、、
と悩んでいる人がよくいるけれど(私もそうだった)
もしかしたら、そんなあなたは、
今生、何かを達成する、ということを目的に来たのではなく、
いろいろ経験する、ということがメインの目的で
今生、生まれて来たのかもしれない。
周りの人と比べて落ち込むよりも
今の自分ができることを淡々と着々とやっていると
素晴らしくたくさんのことを経験している、ってこともある。
どうも私は達成することができないな、と思ったら
自分の目的は経験するってことかもしれない、と
これまでの自分の捉え方を疑ってみるのも、
今を楽しく生きる鍵になるかも。
自分はそういうタイプだと開き直ってみてみるならば
まだまだやりたいこともあるかもしれないし
何かを完成させるためにやってると思うと
肩に力が入ってしまってできなかったことが
経験すること自体が目的のひとつだと思うと
以外と気楽に楽しんで、喜びを感じながらできてしまう
ってこともある。
Life is an experience, not an accomplish.
今を生きるための、大切なキーワードではないでしょうか。

Sunset 0925

20080926_491848

自然の描く空模様。

その色
その立体感
そのなめらかさ
そのダイナミックさ
そのスピード
そのゆったり感
その美しさ

ただただ、日々感動。

20080926_491829

見えないカラダ

私たちの体は目に見えている肉体以外にも
いくつかのエネルギーフィールドがあります。

健康について、そして幸せについて考えるとき、
肉体だけでなく、このエネルギーフィールドに
目を向けていくことが、
とても大切です。

日本人はこのエネルギーフィールドについて
昔からほんとはよぉく認識していたはず。

なので、気持ち、空気、気が合う、など
「気」という言葉が当たり前にたくさん使われます。

エネルギーフィールドに満ちているもの、
それが「気」であり、本質。

初対面なのに、なんだか、あの人、こんな感じの人だよね、
なんて思うのは、このエネルギーフィールドからの
情報をお互いに交換しあって得た感覚。

西洋化の波に乗って
私たち日本人も
すっかり忘れてしまっていたようなこの感覚、
今こそ、取り戻していく時”\(“o”)/”

そしてそれは、
私たち本来の人生を楽しむための
重要な鍵となるでしょう。

ヒーリングを受けた後

ヒーリングの類いを受けると
過去の痛みや悲しみを追体験することがあります。

そんなとき、自分がそれにどう反応しているか、
少し気をつけてみましょう。

例えば、
「今の私だったらああじゃなくってこういう対応していたのに、、、」
というように思ったりしていることに気づいたら、
それは、過去の自分を全部受け止めていない今の自分。

それよりも、もっともっとその悲しみや痛みを
全部そのまま感じることに徹してみましょう。
そして、「ああ、あのとき、私、悲しかったんだ!!!!」
と心から受け止めたとき、
その傷は初めて癒えていきます。

ついつい自分をジャッジしてしまっていた自分も
同時に許して、
どんどん自分を解放していきましょう。

少しずつ楽になる自分を感じていけると思います。