カテゴリー: save our souls

喜びから生きる

151222_asuka_006
『喜びから生きる』

あなたはそれを自覚していました。
でも十分に感じ切ってから
それを敢えて選ぶプロセスを
あなたは体験したかったのです。

喜びが存在することすら忘れ
迷いと葛藤の中で
感じてきたこと、
それは人間が体験する
闇の世界の一部です。

その世界を知った上で
喜びを選択して生きる、
という能動的な態度に
どれだけの意味、重みがあるか
それは計り知れない
恩恵への道であり、
輝きへの入り口なのです。

キリストの言った
貧しい人は幸いであるとは
このことです。
貧しくありなさいと
貧困のすすめを
しているのではありません。

経験の中から見出す喜び、
そこに価値があるよということです。

その喜びを見出したものは幸い、
何にも代えがたいGRACE(恩寵)を
自分の中に発見しているのです。

あなたがあなたのままでいるということは
その喜びのままでいるということ。

押しとどめて、苦しんできた
あなた自身をひとつ発見する度に
そんな自分を許して抱きしめ
その気持ちを旅立たせてあげてください。

自分を縛っていた想いに
ひとつ気づく度に
その経験をさせてくれた
全ての存在に感謝して
その役割を解放してあげてください。

そうやって感謝と共に光を返せば
その役割を演じてくれた闇もまた
次のステージへと舞台を移せるのです。

全ての存在の中に光を見てください。
それをあなたの得意技にしてください。
埋もれた光がその存在を表せる、
そのキッカケとなってください。

絶望の淵を知っているからこそ、
その光に気づくことができるのです。

光は割れ目さえできれば
隠していても出てくるのです。

私は仲間達に語りかけます。
同じ想いを共有してきた
偉大な仲間達に。

魂が永遠であることを知り
生命が継続しているものであることを知り
全てが繋がっていることを知っている者たちよ、

今こそ、自分の内側にもってきた
喜びというエッセンスに
フォーカスを当ててください。

それだけ、
ただ、それだけが
あなたの使命です。
そういって過言はないでしょう。

あなたの、喜びを、
創造してください。

…message received on Jan. 2, 2016…

次元こそ違えど、ご先祖と共に今を生きている

150824_rock_03
関東の7月のお盆、関西の8月のお盆、
そして本来の旧暦でのお盆であった今週まで
個人セッションさせていただいた方々の多くに
ご先祖の方々がご登場。

私たちの世代を通して、
先祖代々に引き継いできた様々な想いに光を当て
今となっては重荷になってしまっている遺伝的要素を解放し
私たちも、ご先祖も共に解放される。

そして、それを喜ぶご先祖たちに見守られ
私たちはさらに今を生きる。

ご先祖なしに私たちは存在せず、また、その逆もしかり。

私たちは次元こそ違えど、
お互いにつながり反映しあって
同時に、今を生きている。

〜以下、セッション中に受け取ったメッセージ〜

あなた方の魂の輪廻システムの中で
どうしても解消しきれないような親子の負の連なりに
取り組んでくれているあなた方に感謝する。

これは我々にとっても想定外のシステムエラーであり
我々次元からではどうにもならないようになっている。

それを超えていくのは、
今、ここにいる、あなた方であり、
我々はだからこそ、今ここにいるあなた方をサポートする。

どうか、自分一人のことと思って苦しまずに
人間の問題に取り組んでください。
ありがとう。

見極めなさい、その奥にある意識を

150704_lotus_01

見極めなさい
その奥にある意識を

見極めなさい
優美な夢の奥に潜む企みを

見極めなさい
純粋な願いを

「外に外に求める私」から脱却せよ

「外に外に求める私」から脱却せよ
そなたの内側にある真の泉にタップせよ

今湧き上がってくる残留物からの恐怖を燃やし尽くし
新たなエネルギーを身にまとい
軽やかに生きよ
生きよ、喜びのうちに

喜びを感じてはいけない
歓びを感じてはいけないと
その身に刻んだ記憶を手放し、溶かし、粒にして
新しいキラキラ粒子に変えよ

そのためにそなたはこの次元にわざわざ降りてきた
「私、やるわ!」と言って

人間体験の恐怖、その歪を
この次元からしっかりと変容させ
あなた自身の存在を変容させよ
そして、存在せよ

…received during the meditation…

150403_sakura_02

新たな気づきのステージへ

春分の日のメッセージ

あなた方は今日、新しい切り替えの地点を迎えました。
これより人々は新たな気づきのステージへと入っていきます。

これまで常識とされていたことがそうではないと
気づく人たちが増えてきます。

目に見えていたものが
実は幻想だったかもしれないと
気づくひとたちが増えてきます。

これまで
その狭間で苦しい思いをしてきたひとたちは
周りのそういった変化にほっとすることもあるでしょう。

新しく気づくひとたちは
自分たちの気づきに戸惑うこともあるでしょう。

しかし大きな時代のうねりの中で、
そのうねりを心地よく感じている自分に
みな気づいていけるでしょう。

それは大きな時代の変化のうねりです。
全てが一気に変換するわけではありません。
が、瞬間瞬間の気づきの連続により
結果として壮大な変化のうねりがあとからみてとれるでしょう。

人々は少しずつ、でも確実に
その変化を現実に体現していくでしょう。

混沌に見える中でも、芽生えているものに
意識を向けていてください。
大切なシフトの期間です。

これまで以上に、古くなった価値観、
それに基づく感情の名残、
自分の中の反応的な行動などを、
少しの勇気とともに
手放していくことが、
この新しいシフトの時期を生かしていくコツです。

おそれずに、大胆に、新しい流れに乗っていきましょう。

これまでの理論にとらわれず、
より軽やかに、感覚を使って
自分の選択肢を選びとっていきましょう。

導かれる先を楽しみに待ちながら。

…March 21, 2015 春分の日に from アマナ…

怒りの連鎖と悲しみの果てにあったあなたの根源的苦しみは

20121118_218216限りなく、とめどなく、
果てしなく、続いてきた
あなたの中の怒りの連鎖と
悲しみの果てにあった
あなたの根源的苦しみは

あなたの大いなる存在に抱きかかえられ
乳飲み子のように与えられ
守られていることを忘れずに。

あなたが一人で抱え込む為の経験・感情ではなく
それはこのシステムが蓄積すべきデータなのだ。

一人で抱え込むと、それはシェアできるデータでなくなり
同じ経験をしようと多くの者が後を追うことになる。

経験から得た感情は
宇宙に還元して委ねることで
実は、初めて、全存在がシェアできるものとなるのだ。

今、この時代を生きている という奇跡

悩んでいようと
先がまだ見えない状態にいようと
あなたは、今、生きている。
この地上、この地球に生きている。

一人でいようと
この先誰と一緒にいることになろうと
あなたは、今、ここに、生きている。

今、ここに生きている、ということが
可能になるためには、
あなたはたくさんの人からのサポートを受けてきたはず。

一人ではあなたはここに存在していない。

私たちはつい忘れています。
今、ここに存在して、体験することすべてが
貴重であり、かけがえのないことである、ということを。

今、ここでしか、得られない感情経験、肉体経験、
それは、魂に刻まれ、
集合意識に反映され、シェアされ、
宇宙が豊かになっていくのです。

それは悩もうと楽しもうと
深刻になっていようと、
危機一髪のスリルをくぐり抜けようと
あるいは、失敗して落ち込もうと、
再起不能を感じてしまっていようと、
その一つひとつがかけがえないく
その体験はある意味ゲーム。

どんな展開も、どんな体験も
すべて、体験できることそのものこそが貴重で
実はどこかの次元では
それを体験できることへの喜びの側面も含んでいます。

もちろんその苦難はもう要らない、
と思うこともあるでしょう。
でもそれを体験している最中は
じっくりとそれを味わいきることに意味があります。
そしてその体験をどう捉えるかは
体験している者の自由です。

辛いと思い、下を向いて、とぼとぼと
美しいバラの花咲き乱れる道を歩くのも自由、
いやぁ、大変なこと体験してるよね、と明るく笑い飛ばしながら
いばらの道を歩くのも自由。

苦悩を体験している時は
おそらく魂のどこか、
自分的にはそうではないかもしれないけれど
少なくとも人類の意識のどこかが、
まだ苦悩を必要としてしまっているのです。
だから、経験して学びたい。
あるいは、学びのために苦悩が必要だという状態かも。

でもね、もう十分だよ、、
そう思います。
そしたら、それをつくづく味わいきった魂は
苦しんだからといって他に復讐することではなく
違う世界を自らクリエイトするところに行き着きます。

この世界にこれだけの闇がある、ということは
まだ闇が出尽くしていない、
ある種、味わい尽くせていない感が
人類、あるいは、宇宙の意識のどこかにあるのです。

闇に蓋をするのではなく、
闇を全否定するのではなく、
闇に光をあてましょう。
闇のエネルギーを転換していきましょう。

闇まみれに見える他の中にも美を見いだし、
正当化したい自分の中にも闇があることを避けずに受け入れて
一回り大きな目でこの世界を捉え、受け入れ
そして新しい世界を創っていく、
今、集合意識は全体としてそんなところにいるのかもしれません。

激変の地球、
私たちの意識もシフトを迫られています。
そんなこの時期に、
この地球に、この日本に、存在して
日々、様々なことを経験出来ていること、
今、この時代を生きている、ということは
奇跡ともいえる神秘なのです。

貴重なこの機会、生命、体験を与えられていることに感謝し
しっかりと日々と
他人の人生ではなく、
自分の人生を生きていきましょう。

あなたが存在しているだけで

あなたが私に何か特別なことをしてくれたわけではない。

ただ、私は私の人生の中であなたに出会った。

あなたにとっては私は日々のなかで出会った
one of them かもしれない。

ほんの一瞬、人生の舞台で共演する機会があっただけの
存在で終わってしまうかもしれない。

あなたにとっては私の存在すら意識に入っていないかもしれない。

それでも、あなたという存在が
私に与えている影響は計り知れない。

あなたがこの世に存在しているだけで
私は
自分の様々な感情の動きを感じ
自分の様々なところにスイッチが入り
いろんな行動を起こし、
毎日に張り合いが生まれている。

そう、あなたは何か特別なことをしているわけではない。
私のために何かをしてくれているわけでもない。

ただ、自分の人生に向き合い、
ただ、自分らしく、生きているだけ。

だけど、それだけで私にとっては特別な存在。

きっとこれまでも
そうして私をサポートしてくれてきたんだろう。
そしてきっと、これからも。

ありがとう。
私の大切な人。

 。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

それは大切な誰かかもしれません。
家族かもしれません。

花かもしれません。
動物や鉱物たちかもしれません。

例えば、花や鳥たち。
彼らは、私たちのために何かしよう!と必死になっているわけではありません。
でも、見ているだけで、耳を傾けているだけで癒されるなにか、
私たちに働きかける力を持っています。

私たち自身が生きて行くにあたっても、
誰かのために、何かになろう、と必死になる必要はありません。
むしろ、その逆。
ただ、自分であることのほうが
結果として誰かの役に立っていたりすることもあります。

一生懸命がんばり過ぎている自分に気付いたら
特別な何もしなくても、自分が誰かにいい影響を与えることもできるんだ、
ということを思い出すといいかもしれません。

そしてふっと力が抜けたときこそ、
あなたがあなたらしく輝いて、
そして周りの人が癒されていくのです。

you are loved

1個前に投稿した
“I love you more than you (love me)”
とちょっと似てるけど
これは、先日投稿のサンディエゴで出会ったコから
別れ際にもらった2つのフレーズのもう1つ。

“You Are Loved.”

自分は愛されているんだ、
と気づくことができることは、
やっぱり、生きていくうえで、
非常に大切な感覚。

これは、なにも、恋愛関係だけではない。

母親から、父親から、
兄弟姉妹から、親戚から、
友達から、会社の人たちから、
仲間から、地球から、
そして、宇宙から。。。

誰も愛なしではこの世に存在できていません。

愛されているからこそ、この世に存在しているのです。

たとえ、親からも、兄弟からも、友達からも
愛されていないように感じたとしても、
それでも、愛なしには、ここに存在していません。
あなた自身の魂からの愛が、
もしかしたら、一番大きいのかもしれません。
それでも、やっぱり、愛されているから
この世に存在しているのです。

I love you more than you (love me)

ふと、高校の頃好きだった歌の歌詞が浮かんで来た


I love you more than you (love me)
You love me more than I (love you)
時は代わり時代は流れても

I love you more than you (love me)
You love me more than I (love you)
この気持ちが
いつの世もsaves our soul ♪

~save our soul~ by 原田真二

ちょっと今、当時のカセットテープが手元にないので
歌詞はうろ覚えですが
私の解釈はこう:

相手が自分を想ってくれてる気持ちよりも、
きっと自分が相手を想ってる気持ちのほうが大きい、
と思える幸せ

そして、また、相手も、きっとそんな自分の気持ちよりも
はるかにずっと自分を想ってくれている、

そう思えることが、saves our soul…
つまり、この世の平和のへの鍵

永遠の名曲です!