カテゴリー: be here now

喜びから生きる

151222_asuka_006
『喜びから生きる』

あなたはそれを自覚していました。
でも十分に感じ切ってから
それを敢えて選ぶプロセスを
あなたは体験したかったのです。

喜びが存在することすら忘れ
迷いと葛藤の中で
感じてきたこと、
それは人間が体験する
闇の世界の一部です。

その世界を知った上で
喜びを選択して生きる、
という能動的な態度に
どれだけの意味、重みがあるか
それは計り知れない
恩恵への道であり、
輝きへの入り口なのです。

キリストの言った
貧しい人は幸いであるとは
このことです。
貧しくありなさいと
貧困のすすめを
しているのではありません。

経験の中から見出す喜び、
そこに価値があるよということです。

その喜びを見出したものは幸い、
何にも代えがたいGRACE(恩寵)を
自分の中に発見しているのです。

あなたがあなたのままでいるということは
その喜びのままでいるということ。

押しとどめて、苦しんできた
あなた自身をひとつ発見する度に
そんな自分を許して抱きしめ
その気持ちを旅立たせてあげてください。

自分を縛っていた想いに
ひとつ気づく度に
その経験をさせてくれた
全ての存在に感謝して
その役割を解放してあげてください。

そうやって感謝と共に光を返せば
その役割を演じてくれた闇もまた
次のステージへと舞台を移せるのです。

全ての存在の中に光を見てください。
それをあなたの得意技にしてください。
埋もれた光がその存在を表せる、
そのキッカケとなってください。

絶望の淵を知っているからこそ、
その光に気づくことができるのです。

光は割れ目さえできれば
隠していても出てくるのです。

私は仲間達に語りかけます。
同じ想いを共有してきた
偉大な仲間達に。

魂が永遠であることを知り
生命が継続しているものであることを知り
全てが繋がっていることを知っている者たちよ、

今こそ、自分の内側にもってきた
喜びというエッセンスに
フォーカスを当ててください。

それだけ、
ただ、それだけが
あなたの使命です。
そういって過言はないでしょう。

あなたの、喜びを、
創造してください。

…message received on Jan. 2, 2016…

次元こそ違えど、ご先祖と共に今を生きている

150824_rock_03
関東の7月のお盆、関西の8月のお盆、
そして本来の旧暦でのお盆であった今週まで
個人セッションさせていただいた方々の多くに
ご先祖の方々がご登場。

私たちの世代を通して、
先祖代々に引き継いできた様々な想いに光を当て
今となっては重荷になってしまっている遺伝的要素を解放し
私たちも、ご先祖も共に解放される。

そして、それを喜ぶご先祖たちに見守られ
私たちはさらに今を生きる。

ご先祖なしに私たちは存在せず、また、その逆もしかり。

私たちは次元こそ違えど、
お互いにつながり反映しあって
同時に、今を生きている。

〜以下、セッション中に受け取ったメッセージ〜

あなた方の魂の輪廻システムの中で
どうしても解消しきれないような親子の負の連なりに
取り組んでくれているあなた方に感謝する。

これは我々にとっても想定外のシステムエラーであり
我々次元からではどうにもならないようになっている。

それを超えていくのは、
今、ここにいる、あなた方であり、
我々はだからこそ、今ここにいるあなた方をサポートする。

どうか、自分一人のことと思って苦しまずに
人間の問題に取り組んでください。
ありがとう。

見極めなさい、その奥にある意識を

150704_lotus_01

見極めなさい
その奥にある意識を

見極めなさい
優美な夢の奥に潜む企みを

見極めなさい
純粋な願いを

「外に外に求める私」から脱却せよ

「外に外に求める私」から脱却せよ
そなたの内側にある真の泉にタップせよ

今湧き上がってくる残留物からの恐怖を燃やし尽くし
新たなエネルギーを身にまとい
軽やかに生きよ
生きよ、喜びのうちに

喜びを感じてはいけない
歓びを感じてはいけないと
その身に刻んだ記憶を手放し、溶かし、粒にして
新しいキラキラ粒子に変えよ

そのためにそなたはこの次元にわざわざ降りてきた
「私、やるわ!」と言って

人間体験の恐怖、その歪を
この次元からしっかりと変容させ
あなた自身の存在を変容させよ
そして、存在せよ

…received during the meditation…

150403_sakura_02

あなたは一人で生きているのではありません

あなたは一人のように見えて、一人で生きているのではありません。
世間のいう独りの概念に捉われないでください。
あなたが今、ここに存在しているのは単なる偶然ではありません。
たくさんの蓋然性の中から選ばれた奇跡のルートを歩いているのです。

いばらのように見える道も、景色の一つなのです。
その景色を通り抜け、たどり着く先に待っている一輪の花。
気がつけば、ずっと側でさえずり続けてくれていた小鳥たち。
その他、見えないサポートが沢山あなたの道を支えています。

だから心配を手放す、という新しい態度を身につけてみて下さい。
真の意味で宇宙に身を委ねるのです。
すると展開してくる世界が必ずあります。
心配の波動から抜け出てみましょう。

sedona_nightsky_sq_03

生きるとはハートを活かすこと

生きるとは
ハート(の資質)を活かすこと

どんな状態であろうと
どんな体験をしようと
ハートとつながって人生を生きることで
この世界は
その存在意義が変わる

人はそれを体験しようとしているのである

あなた自身の心に正直に

今、この時代を生きている という奇跡

悩んでいようと
先がまだ見えない状態にいようと
あなたは、今、生きている。
この地上、この地球に生きている。

一人でいようと
この先誰と一緒にいることになろうと
あなたは、今、ここに、生きている。

今、ここに生きている、ということが
可能になるためには、
あなたはたくさんの人からのサポートを受けてきたはず。

一人ではあなたはここに存在していない。

私たちはつい忘れています。
今、ここに存在して、体験することすべてが
貴重であり、かけがえのないことである、ということを。

今、ここでしか、得られない感情経験、肉体経験、
それは、魂に刻まれ、
集合意識に反映され、シェアされ、
宇宙が豊かになっていくのです。

それは悩もうと楽しもうと
深刻になっていようと、
危機一髪のスリルをくぐり抜けようと
あるいは、失敗して落ち込もうと、
再起不能を感じてしまっていようと、
その一つひとつがかけがえないく
その体験はある意味ゲーム。

どんな展開も、どんな体験も
すべて、体験できることそのものこそが貴重で
実はどこかの次元では
それを体験できることへの喜びの側面も含んでいます。

もちろんその苦難はもう要らない、
と思うこともあるでしょう。
でもそれを体験している最中は
じっくりとそれを味わいきることに意味があります。
そしてその体験をどう捉えるかは
体験している者の自由です。

辛いと思い、下を向いて、とぼとぼと
美しいバラの花咲き乱れる道を歩くのも自由、
いやぁ、大変なこと体験してるよね、と明るく笑い飛ばしながら
いばらの道を歩くのも自由。

苦悩を体験している時は
おそらく魂のどこか、
自分的にはそうではないかもしれないけれど
少なくとも人類の意識のどこかが、
まだ苦悩を必要としてしまっているのです。
だから、経験して学びたい。
あるいは、学びのために苦悩が必要だという状態かも。

でもね、もう十分だよ、、
そう思います。
そしたら、それをつくづく味わいきった魂は
苦しんだからといって他に復讐することではなく
違う世界を自らクリエイトするところに行き着きます。

この世界にこれだけの闇がある、ということは
まだ闇が出尽くしていない、
ある種、味わい尽くせていない感が
人類、あるいは、宇宙の意識のどこかにあるのです。

闇に蓋をするのではなく、
闇を全否定するのではなく、
闇に光をあてましょう。
闇のエネルギーを転換していきましょう。

闇まみれに見える他の中にも美を見いだし、
正当化したい自分の中にも闇があることを避けずに受け入れて
一回り大きな目でこの世界を捉え、受け入れ
そして新しい世界を創っていく、
今、集合意識は全体としてそんなところにいるのかもしれません。

激変の地球、
私たちの意識もシフトを迫られています。
そんなこの時期に、
この地球に、この日本に、存在して
日々、様々なことを経験出来ていること、
今、この時代を生きている、ということは
奇跡ともいえる神秘なのです。

貴重なこの機会、生命、体験を与えられていることに感謝し
しっかりと日々と
他人の人生ではなく、
自分の人生を生きていきましょう。

the One は自分の中にいる

20111212_2190636
映画『カリーナの林檎』を観てきた。

今、この時代を生きる私に何ができるのか、
ひたすらそれを感じ取りたいと思いながら観た。

何ができるのか、どういう態度でありたいのか、
何をわかちあう存在としてこの人間としての生を生きるのか。

神様が助けてくれると信じて疑わない善良な人々。
でも原発事故は「神様」ではなく人間が引き起こしたことだから
「神様」には手出しができない。
人間は自らが招いたその現実を受け止めていくしかない。
「善良」な市民であったとしても容赦なくそれはやってくる。

現実を受け止めた上で、自分はどう生きるのか。
答えの出ない問いかもしれないが、
今、すべての人類はこの問題に直面している。

今まだそれを感じられない人も
おそらくひしひしと感じる時がやってくる。

今までどおりを生きようしていても
異変の種はすでに蒔かれている。
そして静かにそこにある。

表面的な幸せは真の幸せではなく幻想。
いつまでも幻想(Matrix)の世界にはいられない。

目覚めよ、人類。

今自分にできることを
自分の内側に聞いて発見し、
自分の内側から行動する。

Neo~the One~(救世主)は
外の世界にいるのではなく、
一人ひとり、自分の中にいる。

スピリチュアルとは

昨今「スピリチュアル・ブーム」と言われて久しい。
が、このブーム、何かが間違っている。

ブログなどを見ていても、
「私、スピリチュアル辞めました」とか、
「私、スピリチュアルになりました」とか
わけのわからない言葉遣いが多用されている(^_^;)

私たちは全員スピリットが肉体をまとって
地上に存在している形をとっているのであって
ある意味、「スピリチュアル」を始めなくても、辞めなくても
常にスピリチュアルな存在。

もともと、「スピリチュアル=spiritual』
とは、「spiritの」の意味だけれど
そもそも、「spirit」の語源は「spiritus」でこれは呼吸の意味。

スピリットが入って呼吸する存在、それが私たち、と言うわけだ。

ハワイの挨拶、ALOHAに見られる、アロハ・スピリットにも
同じ語源が見られる。アロハスピリットとはハワイの島々の人の
人柄として、すべてを受け入れる心と精神のこと。

alo: 「今」存在する。(スピリットが存在することを示す)
ha: 生命、呼吸、人生を生きる。源。

つまり、「自分の中にスピリット(光の魂)が存在する事を自覚して生きる、
呼吸をする(そのつながり・一体感を感じる)」ということ。

現在人はとても呼吸が浅いと言われている。
すると必要なつながりやエネルギーが充分に保てていない状態になってしまう。

私たちの周りに満ちあふれている生命エネルギーを深い呼吸を
することでしっかり取り入れ、
今を生きる、
それが本来の意味での「スピリチュアル」。