カテゴリー: energetic world

新たな気づきのステージへ

春分の日のメッセージ

あなた方は今日、新しい切り替えの地点を迎えました。
これより人々は新たな気づきのステージへと入っていきます。

これまで常識とされていたことがそうではないと
気づく人たちが増えてきます。

目に見えていたものが
実は幻想だったかもしれないと
気づくひとたちが増えてきます。

これまで
その狭間で苦しい思いをしてきたひとたちは
周りのそういった変化にほっとすることもあるでしょう。

新しく気づくひとたちは
自分たちの気づきに戸惑うこともあるでしょう。

しかし大きな時代のうねりの中で、
そのうねりを心地よく感じている自分に
みな気づいていけるでしょう。

それは大きな時代の変化のうねりです。
全てが一気に変換するわけではありません。
が、瞬間瞬間の気づきの連続により
結果として壮大な変化のうねりがあとからみてとれるでしょう。

人々は少しずつ、でも確実に
その変化を現実に体現していくでしょう。

混沌に見える中でも、芽生えているものに
意識を向けていてください。
大切なシフトの期間です。

これまで以上に、古くなった価値観、
それに基づく感情の名残、
自分の中の反応的な行動などを、
少しの勇気とともに
手放していくことが、
この新しいシフトの時期を生かしていくコツです。

おそれずに、大胆に、新しい流れに乗っていきましょう。

これまでの理論にとらわれず、
より軽やかに、感覚を使って
自分の選択肢を選びとっていきましょう。

導かれる先を楽しみに待ちながら。

…March 21, 2015 春分の日に from アマナ…

可能性の展開の仕方

20140416_960190
すべての可能性は
すでにあらゆるところに存在している。
それがどう展開するか、は、
どの可能性に焦点を当て、拡張していくか、
に依る。

その可能性には
ネガティブやポジティブな区別はなく、
ただシンプルに可能性。

自分が焦点を当てたものが拡張する
宇宙の仕組みがあり
そのスピードが増している。

自分の目の前に拡張して現れたものや感覚が
自分の求めているものではないと気づいたら
単にそれは焦点を当てていたものが
自分の求めていたものとは違っていた、
ということ。

そして、それは
焦点を当てる矛先を変えてみるといいよ、
ということを教えてくれている。

焦点の矛先、今一度、自分が求めている方向性なのか
つい求めていないものに焦点を当てていないか
時々確認してみるのがよい。

すでにあるもの、可能性、を拡張させるだけでよい、
しかもそれは意識を向けることで起こる、
と認識できれば、
無駄な力は不要になり、
物事の運びはスムーズになる。

すでにある、自分の奥底が求めているものとは何?
原点は常にそこに還る。

what you trust

no matter what you think of,
no matter what you feel,
life just goes on.

if you have trust in yourself,
life will reveal itself.

what you trust?

your gut feeling?
or what others say?

it is totally your choice.

and your choice will be realized
in this reality sooner or later.

意識と時間を注ぐ先

あなたにとって
この時間は
非常に貴重です。

ですので
自分が本当に
価値を感じることに
時間と意識を注いでください。

今、世の中で起こっていることは
大半は過去の意識の反映です。

ですが、
これからはかなりのスピードで
今、考えていることが
世の中に反映されていきます。

だからこそ、今、何を想い、
考え、享受し、実現させているか、
がとても大事です。

自分の本当にしたいこと、以外のことに
時間とエネルギーを注ぎすぎていませんか?

現実を知り、受け止めることや
適度な息抜きや休みは必要です。

ですから、世間的にはおかしいと言われても
時には数日間丸々寝ていたりすることも
必要かもしれません。

が、自分が本当は意味を見いだしていないことに
ただただ時間と意識を放出するのは
今の時期にやることではありません。

あなたが進化していくためには
あなた自身が使えるエネルギーが
あなたの中に蓄えられていなければいけません。

そうでなければ、本当の意味で
世の中に貢献することもできません。

あなたがもし、エネルギーを無駄に浪費することに
あるいは、エネルギーを無駄に吸い取られることに
時間を費やしていることに気づいたら
自分のためにエネルギーを向けることを
今一度意識しましょう。

あなたのしたいことはなんですか?

今、この瞬間から、
意識を向ける方向を変え、
自分の未来の方向へつながる今として、
意識と時間を注ぎましょう。

それが明日のあなたの世界を創ります。

フリーエネルギー

原発が止まり、電力不足を心配する人が多くいますが
実は、何もないところからエネルギーを生み出す、
フリーエネルギー
というものがあります。

原発ができる以前からその技術は開発されているのですが
いろいろな圧力によって
表にでてこないようになっています。

が、そろそろ稼働できる状態への
準備を私たち一人ひとりが進めていく時期かと思います。

世の中に
フリーエネルギーが受け入れられるようになるためには、
まず、自分が
自分自身の内側にあって
自分が利用出来る無尽蔵のエネルギー(=フリーなエネルギー)を
扱えるようになっている必要があります。

あくまでも外の世界は内側の世界の反映。

人生の目的は、この
自分の内側にある力を
最高善の目的に則り
宇宙と自然に調和した形で
フリーに使えるようになること、

つまり、自分の意識、感情などによって
造り上げている外に映る世界を
自分の中にある創造性の源に繋がって
本当に自分の求めている世界へと
近づけていく、こと、

意識的に自分を取り巻く世界を
クリエイトしていく、ということを
マスターすることにある、
と言っても過言ではないでしょう。

それを一人ではなく、人類は集合意識的にもやっています。

一人が何かに気づき、変容が内側で起これば
それは人類の集合意識にも反映します。
そして、それがいずれ自分を取り巻く世界の出来事として
知覚、体験することになります。

今ある世界が自分の望むべきものでない時は
自分の中の何かの意識、感情を解放し
変化させていく必要があることへのお知らせ。

人生、いかに自分をマスターするか、
が最終的には世の中の変化へと繋がります。

世の中を変化させよう、
他人を変化させよう、
とするより速い。

人間をやっている限り
常に、そうやって自分の内側からの変化を
起こしていくことが、
本来の魂の喜びであり、目的でもある、
そう思います。

あなた自身の心に正直に

今、この時代を生きている という奇跡

悩んでいようと
先がまだ見えない状態にいようと
あなたは、今、生きている。
この地上、この地球に生きている。

一人でいようと
この先誰と一緒にいることになろうと
あなたは、今、ここに、生きている。

今、ここに生きている、ということが
可能になるためには、
あなたはたくさんの人からのサポートを受けてきたはず。

一人ではあなたはここに存在していない。

私たちはつい忘れています。
今、ここに存在して、体験することすべてが
貴重であり、かけがえのないことである、ということを。

今、ここでしか、得られない感情経験、肉体経験、
それは、魂に刻まれ、
集合意識に反映され、シェアされ、
宇宙が豊かになっていくのです。

それは悩もうと楽しもうと
深刻になっていようと、
危機一髪のスリルをくぐり抜けようと
あるいは、失敗して落ち込もうと、
再起不能を感じてしまっていようと、
その一つひとつがかけがえないく
その体験はある意味ゲーム。

どんな展開も、どんな体験も
すべて、体験できることそのものこそが貴重で
実はどこかの次元では
それを体験できることへの喜びの側面も含んでいます。

もちろんその苦難はもう要らない、
と思うこともあるでしょう。
でもそれを体験している最中は
じっくりとそれを味わいきることに意味があります。
そしてその体験をどう捉えるかは
体験している者の自由です。

辛いと思い、下を向いて、とぼとぼと
美しいバラの花咲き乱れる道を歩くのも自由、
いやぁ、大変なこと体験してるよね、と明るく笑い飛ばしながら
いばらの道を歩くのも自由。

苦悩を体験している時は
おそらく魂のどこか、
自分的にはそうではないかもしれないけれど
少なくとも人類の意識のどこかが、
まだ苦悩を必要としてしまっているのです。
だから、経験して学びたい。
あるいは、学びのために苦悩が必要だという状態かも。

でもね、もう十分だよ、、
そう思います。
そしたら、それをつくづく味わいきった魂は
苦しんだからといって他に復讐することではなく
違う世界を自らクリエイトするところに行き着きます。

この世界にこれだけの闇がある、ということは
まだ闇が出尽くしていない、
ある種、味わい尽くせていない感が
人類、あるいは、宇宙の意識のどこかにあるのです。

闇に蓋をするのではなく、
闇を全否定するのではなく、
闇に光をあてましょう。
闇のエネルギーを転換していきましょう。

闇まみれに見える他の中にも美を見いだし、
正当化したい自分の中にも闇があることを避けずに受け入れて
一回り大きな目でこの世界を捉え、受け入れ
そして新しい世界を創っていく、
今、集合意識は全体としてそんなところにいるのかもしれません。

激変の地球、
私たちの意識もシフトを迫られています。
そんなこの時期に、
この地球に、この日本に、存在して
日々、様々なことを経験出来ていること、
今、この時代を生きている、ということは
奇跡ともいえる神秘なのです。

貴重なこの機会、生命、体験を与えられていることに感謝し
しっかりと日々と
他人の人生ではなく、
自分の人生を生きていきましょう。

人が何らかの困難に陥っている時に

人が何らかの困難に陥っている時、
あなたは、その人をみて、

「可哀想」

と思いますか?

それとも、

「勇気ある魂の持ち主だな」

と思いますか?

私たちはこの目に見える次元だけの存在ではありません。
目に見える現象や症状だけを見ていると、
「可哀想」
に見えるかもしれません。

けれど、その魂には、
困難な状況を経験して学び変化していく、という
高次の計画があるのです。

奥深いところに存在するその人自身の何かが
それを経験することをプランし、
遂行できるよう取りはからった結果、
現実に見える世界で、今、その人は
困難と向き合っているような状況を経験しています。

そんな時、哀れみや同情は何の足しにもなりません。
それどころか、無意識のうちに、
あなたは、その人に、あなたは、
哀れみを受けないといけないような
可哀想で弱い存在なのです、
という無言のメッセージを送っています。

ですので、
困難にある人を見た時、
けして哀れみや同情の念を送るのではなく
困難に立ち向かうことを敢えて自分に許したその人の勇気を
称賛してください。

困難にある人の、その奥に隠れている勇気を称賛すると
そのエネルギーを得て、困難を乗り越える力となります。

その力が内側から出てきたその魂は
力強く輝いていくことができます。

そして、その輝きは、
称賛を送ってくれた人へと
増幅された形で還っていきます。

そうやって人々の真の、芯の力強さが
共鳴しながら確固たるものになっていくのです。

闇を恐怖するなかれ

光だけしか見ないことを選択してしまったとき、
ともすると人々は、
光のために闇を破壊しようと考えてしまう。

でも、あらゆる瞬間に、
常に、ちょうど充分な闇があり、
ちょうど充分な光がある。

どちらも、お互いの存在を証明するために存在していると言っていい。
闇がなければ光は存在しないし、
光がなければ闇は存在しない。

from “Wisdom of New Dimension”

今、ここ、にこうしていられることに意識を向ける。

人間はいつから今を生きなくなってしまったんじゃ?

将来のことをプランニングするのもいいだろう。
それは、自分の力で物事を顕現していくやり方だ。

宇宙に存在するあまたのエネルギーとともに
生きていくのであれば、柔軟性が必要だ。

宇宙のエネルギーは常に変化し続けておる。
その情報は、今、このときにどんどんと降り注いでおる。

先のこと、過去のこと、に意識を向けていては
今、降り注いでいるその情報をキャッチするのは難しかろう。

流れに乗って生きていきたいのであれば
今、ここ、に意識をもっていることだ。

先のこと、わずらっても、よけいなエネルギーを使うだけである。
ましてや、この激変の世の中、
自分の思うとおりには、いくまい。

が、これからは、もっと協同で生きていく世の中になる。
みなで創りだすエネルギーの波に乗りながら
自分ひとりではなく、お互いに分かち合いながら生きていく。
そのほうが楽しいし、楽であろう。

そのためにも
今、自分のカラダの中にいて、
最新情報をキャッチし、
流れに乗って生きる。

先を思い煩う事、
未来を知りたいと思うことを
ちょっと忘れて、
今、ここ、にこうしていられることに意識を向ける。

どうじゃ、やってみんか?

—どこかのおんじぃ語る—