カテゴリー: body, emotion, mind and spirit

次元こそ違えど、ご先祖と共に今を生きている

150824_rock_03
関東の7月のお盆、関西の8月のお盆、
そして本来の旧暦でのお盆であった今週まで
個人セッションさせていただいた方々の多くに
ご先祖の方々がご登場。

私たちの世代を通して、
先祖代々に引き継いできた様々な想いに光を当て
今となっては重荷になってしまっている遺伝的要素を解放し
私たちも、ご先祖も共に解放される。

そして、それを喜ぶご先祖たちに見守られ
私たちはさらに今を生きる。

ご先祖なしに私たちは存在せず、また、その逆もしかり。

私たちは次元こそ違えど、
お互いにつながり反映しあって
同時に、今を生きている。

〜以下、セッション中に受け取ったメッセージ〜

あなた方の魂の輪廻システムの中で
どうしても解消しきれないような親子の負の連なりに
取り組んでくれているあなた方に感謝する。

これは我々にとっても想定外のシステムエラーであり
我々次元からではどうにもならないようになっている。

それを超えていくのは、
今、ここにいる、あなた方であり、
我々はだからこそ、今ここにいるあなた方をサポートする。

どうか、自分一人のことと思って苦しまずに
人間の問題に取り組んでください。
ありがとう。

痛みはカラダからのメッセージ

カラダのあちこちが痛くなることってたまにありますね。

こんなとき、あなたはどう思いますか?
「おい、なんで痛みなんて出てくるんだ! 引っ込め!!! 」

なんて痛みを押さえつけようとしていたり、
痛み止めだけ飲んでがんばり続けたりしている人、
ちょっと考え方を変えましょう。

痛みはカラダからのサインです。

なにかしら無理をしていたり、
自分の感じていることにうそをついていたり、
どこかで深く傷ついているのにその傷を無視していたり、、
そんなことが度重なってくると痛みが酷くなってきます。

痛む自分のカラダに手を当てて
何を訴えているのか、そっと耳を傾けてみましょう。

すごく小さな声なのでなかなか聞こえないかもしれないけれど
ふと、ココロの叫びやカラダの叫びが聞こえる、
あるいは、
わかる、そんな瞬間があるかもしれません。

もしそんな瞬間を感じたら、
これまで自分のために文句も言わず常に働いてきてくれた
カラダの細胞の1つひとつに感謝し、
ずっと無視してきてしまったことに一言お詫びして
これからは一緒に楽しく生きていこうね!
と声をかけてあげてください。

誠意が伝わればカラダは喜びの振動をはじめ
少しずつ痛みも変化してくるでしょう。